第201回 TBSラジオ番組審議会 『石橋貴明のGATE7』

2022年4月25日(月)第201回 TBSラジオ番組審議会より
2022年3月20日(日)放送(午前7時00分~午前8時00分)
『石橋貴明のGATE7』

 

審議委員(敬称略)

委員長 渡邊 久哲(欠席)
副委員長 伊藤 英敏
委員 横山 真司 浜田 敬子 望月 優大 川口あい 児島 満理奈

 

局側担当者

  • 三村社長
  • 武田番組審議会担当役員
    長谷川UXプロデュース部長
    三宅番組プロデューサー
  • 植木番組ディレクター
    志村UXプランニング部員
    宮城UXプランニング部員
  • 加藤番組審議会事務局長

 

委員の主な意見

〔審議対象番組〕
2022年3月20日((日)放送(午前7時00分~午前8時00分)
『石橋貴明のGATE7』
メインパーソナリティーは石橋貴明さんが自らチョイスした気になる球界トピックスを60分あらゆる角度から深掘りし、野球の魅力を語り尽くすトークバラエティ番組です。
今回の放送では、レジェンド対談として、元巨人で「昭和の怪物」こと江川卓さんが出演。
センバツから作新学園時代のエピソード、現在のプロ野球についてお話いただきました。

〔委員の主な発言〕
◇日曜の朝7時からの番組で、行楽地へ向かう車中とかゴルフへ行ったりする時に車の中でラジオを聴く時だったり、休日の朝をゆったりした気持ちで過ごすのに良い番組だと思います。石橋貴明さんは話題も豊富ですし、彼の情報網に基づく裏話、裏情報なども聴けて非常に楽しく聴かせて頂きました。

◇すごく面白かったです。いわゆる好きなことについて話しいる人の熱量というか、自分が少しわからないことを話しているのだなと感じる時の、知りたいなと思わせるような引き込む力を感じて、石橋さんの話術はすごいと改めて感じました。

◇江川さんとの対談で、石橋さんのネタが全く切れずに江川さんも驚かれるくらいのボリュームで質問されていて、どのくらい準備して望まれていのるかと興味を抱きました。聞かれる側もあそこまで調べ上げてあると相当気持ちが良いのではないかと思いました。

◇石橋さんと江川さんの対談で、リスナーの方の手紙とかメールを紹介するパートが無く、一方的にお二人がずっと喋っているという印象でした。世代的に合う方には、レジェンドと石橋さんがお話されていて興奮する回だと思いますが、若い世代や野球に詳しくない人達はどう聴いているのかなという印象を持ちました。

◇この番組の良さは、石橋さんご自身が話がしたいと思うゲストと自由にお話し頂いて、ゲストの魅力を引き出して頂く、そこにリスナーが共感する、そこに尽きると思います。

◇若い世代や女性にもっとラジオを聞いて欲しいという局としての思いがある中で、日曜日の朝という誰もがちょっとした時間があって、ゆったりできる時間帯に、女性とか若い人を狙うような番組を編成しなかったのは何故だろうと思いました。今、ポッドキャストとかスポティファイを聞く方が増えています。番組としてポッドキャストに切り出せるものを作っていくと、若手とか女性とかにアプローチする可能性はすごくあると思っています。

 

(TBSラジオ番組審議会事務局)